不整脈が危ない!はあおり?健康より視聴率のクロちゃんの見せ方【太鼓判6月4日放送】

こんにちは!

6月4日放送の「名医の太鼓判」では、不整脈のことについてですね。

健康番組では欠かせない存在になったクロちゃんが、また身体のほうをいろいろ調べられてるようです。

今度はどんな悪いところがでてくるのか、おもしろそうではあるのですが・・

今日はテレビ番組について(特に健康番組)、ちょっと冷静に見た方がいいな、と思うことがあるのでそれについて書きます。

スポンサードリンク

健康番組についてちょっと批判的に・・

最近は健康番組も増えすぎて、そろそろマンネリ化してきているような感じがします。

でも、健康番組って人気あるんですよね。

最近、終了していく番組もありましたが、安定して人気を維持しているのは、名医の太鼓判ですか。

なぜなら・・人間誰しも自分の健康や、病気には関心があるから。

実際に運動、食事管理などやっていない人ほど、実は自分の身体のことが気になっていて、こういう番組をみるという傾向もあるように思えます。

不安を増長させるのは健康に良くない

健康テレビ番組が、目的としていることは、視聴者が健康になることでしょうか。

多分、違いますよねー。そうです、視聴率です。

視聴者の不安をあおって、あおって、タレント化している医者がドヤ顔で診断していますよね!

これって、明らかに健康改善を目的とした内容ではないですね。

まぁ、初めからそういう趣旨の番組ではないことはわかっていますが・・

だって、タレントあんなにたくさんいらないし、医者も何人も出て意見が違っていたりする・・

結局最後までみて、スカッとしない、何すればいいのみたいなことって多くないですか?

娯楽番組として、自分で割り切って観ようとしても、やっぱり怖くなってしまうこともありますよね!


上は、以前クロちゃんのひどい生活を番組として扱って、「医師に、いつ死んでもおかしくない」といわせた話ですね!

この生活は、確かに誰が見てもまずいでしょ、って思うし、普通の人の生活とはかけ離れているかとは思います。

内容としてもおもしろいし、否定するつもりはないのですが、こういうのは一つの娯楽番組としてあつかってほしい!

これを見て、どう思うかは自分で判断するのは当然なのかもしれないですが、健康のことについての医者の意見ってやっぱり影響力ありますよね。

いつ死んでもおかしくないみたいな、怖いことはちょっといわれるだけでも、他人事を扱っているとはいえ、すごく不安になることがあるんです。

健康番組としては扱ってほしくないんです、個人的には。

スポンサードリンク

不整脈かも・・という心配(自身の経験)

私自身の経験ですが、昔仕事のストレスが大きくて、毎日の憂鬱がひどいときがありました。

そのころ、ちょっと、心臓がドキドキするようなことがあったんです。

そして、ちょうどそのころ、番組名などはもう忘れてしまったのですが、やはり同じような心臓の病気のことをテレビでやっているのを見たんです。

ちょうどドキドキが気になっていたので、ガッツリ不安を煽られました。

病気じゃないかと、気になって気になって、それ以降、どんどんひどくなってきました。

これはもう、心臓の病気かも、って思って、普段行くかかりつけの病院を飛ばして、一気に大学病院まで行ってしまいました。

そして、心電図も1日中つけておくタイプのもので細かく検査して、結果的には、全く異状なしでした・・

それがわかってからは、嘘のように心臓のドキドキは治りました。(仕事の状況は何も変わっていなかったですが)

仕事がいやで行きたくない、という心理的なストレスだったんだと思います。

こういうことも経て、今では、ちょっとくらいでは全然気にならないくらいメンタルも強くなりましたw

おわりに

やはり、体調が悪ければ病院に行った方がいいし、そもそも、不安になるくらいならテレビ番組も見なければいいという意見も当然あると思います。というか、それが当たり前ですね。

さらには、普段から運動をして、食生活に気をつけて生活していくということが一番大切なんでしょうね!

番組でも、いろいろと煽りながらも、こういうことを言いたいのだろうと信じつつ、6月4日に放送される「名医の太鼓判」楽しく見たいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です