運動することのメリット

仕事が終わってから歩くのって気持ちがいい

スーパーでの仕事はほとんど一日中立ち仕事になります。

私は、精肉部の仕事のためまな板の前に立ってお肉を切ったり、
ミートスライサーという機械でお肉を製品化するためのカットをする仕事をしています。

仕事中は、歩いている時間も結構あるので、運動しているのと同じように体を使っていると思っていました。

そのためあまり気にしてこなかった運動面の健康管理ですが、去年行われた健康診断ではコレステロールが高くて、びっくりしてしまいました・・。

そこで、1日中、仕事をしている間歩数計をつけて、どれくらい歩いているかはかってみました。

毎日それほどの差はなく2500歩から3000歩の間位だったのです。

思っていたよりかなり少なかったです。かなり少ないですよね。

1日中歩いているようなイメージがありましたが(実際はただその場に立って作業している時間が長いので、歩いていなかったんですね)

こんなに少ないのか、とちょっと意外な数字でした。

コレステロールをさげるには、食事に気をつけることと、運動をすることだとは思いますが
どちらもなかなか継続するには意志が強くないとできないですね。

食事は、お昼はお弁当、夜も外食が多くて
まぁ、数字がよくないのは仕方がないかもしれないなとも思いました。

そこで、とにかく運動はしなければならないと思って、まずは簡単にすぐに始められるウオーキングをすることにしました。
寒いときにはさぼりがちだったのですが、2月も終わり、3月になってからは暖かくなってきて
歩いていると気持ちがいいのでだんだん歩くのが楽しくなってきました。

夜は7時ごろ帰宅するので夕食の時間もあって、朝は仕事が早いので夜帰ってきてから歩くことにしました。

うちの近くには広くて歩きやすい、歩行者用の道があって、歩きやすいコースがあります。
夜19時時から20時ころ歩いていますが、結構同じ時間帯に歩いている人たちいらっしゃいますね。
数人で歩いていて、家族や友人と一緒に歩くのは、運動になって、話もできて楽しいと思います。

 

夜のウオーキングのメリット

体に負担が少なく、無理なく有酸素運動ができる
適度な運動ができ、次の日に疲れを残すことがない
特に夏場は熱中症になりにくい
紫外線による日焼けの心配がない

 

なかなか続かないときのために行動を習慣化するのがよい

少しでもいいから歩くために、とりあえずは外に出ます。そうすればほんの少し歩こうが、たくさん歩こうが
負担的にかわらないんです。5分だけ歩いて、すぐ家に戻るとかしたら、かえって面倒なことをしている気持ちになります。
まずはとにかく、運動着に着替えて外に出てみましょう。

 

また、友人や家族と誰かと一緒に歩く約束をすると、今日はちょっと面倒だな、と思う時も出かけることができます。

今私は、一人で歩いていて、週3回くらいです。誰かと一緒に歩けば、もう少し増やせるなーと思うこともありますが、
まず一人で継続することが大事ですね!

近所を歩くウォーキングは気持ちいいですよ。慣れてきたら軽く走ってみると、また適度な疲労感があっておススメです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です